2020.04.07 新型コロナウイルスへの対応について(3)

令和2年4月7日

ご利用者およびご家族の皆様

株式会社アドナース
代表取締役 鎌田智広

日頃から、株式会社アドナースのサービスをご利用くださいましてありがとうございます。 皆様におかれましては、今回の新型コロナウイルス感染症の拡がりをご心配されていることと思います。そこで、皆さまにサービスを続けるための職員体制についてお知らせいたします。 また、訪問看護・訪問介護にあたり皆様にご協力いただきたい旨もお伝えしたいと思います。 皆様には、何卒ご了承の上宜しくお願いいたします。

本事業所では現在の状況下にあっても、できる限り通常どおりの訪問サービスを提供したいと考えています。しかしその際、ご利用者やご家族の皆様が新型コロナウイルス感染症にかかる可能性や訪問を行うスタッフが罹患する可能性を想定した対応をします。

1)スタッフ全員、毎日検温を行っています。37.5℃以上の発熱やのどの痛み、咳、だるさといった症状が少しでもある場合は、新型コロナウイルス感染症の診断がつかなくても自宅待機とします。

2)スタッフの家族にコロナ感染症の症状がある場合も同様に、保健福祉局の指導のもと、症状が治まるまでの間は自宅待機とします。

3)感染拡大や、学校等の休校により、出勤困難なスタッフが増えた場合、状態が安定されている方には訪問回数を減らす、訪問時間調整などのご相談をさせていただきます。担当スタッフ以外の者が代わりに訪問する場合もあります。

4)スタッフは各自健康管理(体温チェックなど)、スタンダードな感染予防、手洗いを徹底しマスク着用で、場合によっては手袋・ゴーグル・ガウンを着用することもあります。

5)スタッフは、訪問前に出来る限り、ご利用者様・ご家族様が発熱等の症状がないか、確認をさせていただきます。

6)ご利用者様が新型コロナウイルス感染症を疑われた場合、又は、37.5度以上の発熱・症状がある場合は、主治医と相談し対応させていただきます。病状によっては訪問を中止させていただくか、訪問を1 日の最後の時間に変更させていただくことがあります。

7)ご家族様に発熱等の症状がある場合は、スタッフが訪問し、ご利用者様の看護やリハビリ等を実施している間は、別室にて待機してくださいますようお願いいたします。

8)ご利用者様・ご家族様も手洗いや咳エチケットを行い、マスクを着用していただくことをお願いします。